© 2023 by Maple Park Family Practice. Proudly created with Wix.com

剣道の動作特性

剣道の動作特性について、解説してみたいと思います。剣道でもっとも標準的な構えである中段の構え。この構えに剣道の動作特性を見る事ができます。それは右手、右足を前に出して構えるということです。(中段の構え)

 

右手右足を前に出すのですから、身体は半身になりそうなものです。ですが、剣道では身体を相手正面に向けなければなりません。

また、打突の際は左足に体重を乗せ、前に飛び出していきます。そして、足の動きと手の動きを連動させる必要があります。

 

これらは、剣道での有効打突の要件(気剣体の一致)を満たす為に必要なことではありますが、この独特の動かし方が動作特性ともいえ、また、これらを正しく理解していないと障害発生の原因となることが多々あります。

 

まとめ

・剣道の構えは半身になりやすい。

 

・打突の際は左足に体重をのせる必要がある。

 

・手と足を一致させないといけない。